しがない高校生の雑多ブログ

鉄道、カメラとか色々の備忘録のような何か

MB-D10とMS-40について

D700などのカメラに使えるバッテリーグリップ「MB-D10」。単3電池などを装填すると秒間8コマでの連写が可能になる便利なアイテムですが、単3電池ホルダーであるMS-D10がついていない中古も多く存在します。そして厄介なことにMS-D10、単体での販売は終了しているので秒間8コマを実現するためにはEN-EL4aという別売りのバッテリーなどを揃える必要があり、下手をすればそれだけでカメラがもう一台買えてしまいます。ではどうすれば安上がりなんでしょうか?

 

・「MS-40」を購入する

MS-40はF6用の縦グリ「MB-40」の単3電池ホルダーです。しかしこのMS-40とMS-D10、実は互換性があるんです。


f:id:jnr583-n1:20190607005812j:image

ということで購入しました。ビックカメラの訳あり品で1400円ほど。訳ありでなくても1500円ちょっとで購入可能です。


f:id:jnr583-n1:20190607005830j:image

中身です。これらに説明書がついていました。

MS-D10との違いは

・接点が金メッキでない

・電池の固定方式が板バネでなくつる巻きバネ

・乾電池の装填部分に穴がない

などでしょうか。

 

実際に使ってみます。今回乾電池はeneloopのハイエンドモデルを使用しました。


f:id:jnr583-n1:20190630000242j:image

きちんと8fpsと出ています。

電池残量表示は2段階です。ここもMS-D10と同じですね。

 

しかししばらく使っていると電池切れの表示が。ホルダーの問題か電池の問題なのか、あるいは縦グリ自体の問題なのか現状よく掴めていません…使い込んだ上で追記したいと思います。

 

ビックカメラ.com | ニコン Nikon 単3形電池ホルダー MS-40 通販

 

・大人しく中古でMS-D10がついているグリップを買う

かなり値落ちしているので今やこちらでもほとんど問題無さそうですね。ジャンクなどを探せばMS-D10単体でも見つかりそうです。最初からこれでいいじゃん

 

では素敵な連写ライフを・・・。

箸休め~三脚談(脚編)

暫く撮影行ってないし行く予定も無いので三脚について書き連ねていこうと。三脚といえば脚と雲台に分けられますが今回は主に脚について触れていきます。

僕が今現在使っているのはGITZOのアルミ、SLIKのカーボン、ファミリー用三脚を改造したミニ三脚です。三脚って用途別で最低でも3本は欲しいですよね…?()

 

①GITZO G320f:id:jnr583-n1:20190615185135j:plain

・スペック

全高:182cm

最低高:41cm

格納高:71cm

自重:2.95kg

耐荷重:9kg

 

重いし長いしとにかく取り回しが悪いですが、そんな苦労をしてでも持ち出したいのがGITZOですね。2018年の大晦日に中古で購入。”Made in France”時代なので少なくとも製造から15年は経っていますが、剛性はばっちりです。下の段でHUSKYよりもしならないこともこれを選んだ決め手ですが、一番好きなのはデザインですwアルミではこの世代が一番好みですね。ノアール・デコール最高。

 

②SLIK PRO 803 CFf:id:jnr583-n1:20190314143921j:plain

・スペック

脚径:27mm

全高:152cm(ノーマルEV時、EVなし122cm)

最低高:39cm(ショートEV時22cm)

格納高:52cm

自重:1.2kg

耐荷重:5kg

 

SLIK史上初のカーボン三脚です。なんでも売ってる系のリサイクルショップで3000円で売ってたのでついつい購入。最初期は左のような塗装が、その後右のようなクリア塗装が追加されたようです。軽いのが最大の特長で自重1.2kgは今でもかなり軽い部類ですが、むしろ軽すぎるが故にストーンバッグは必須ですね。塗装の影響でパイプの摩擦が少ないのか、現在持っている脚の中では最も伸縮がしやすいです。何よりここからSLIKのカーボン三脚の歴史が始まったと思うとテンション上がります。

 

 ③ミニ三脚(改造済)

f:id:jnr583-n1:20190314145108j:plain

SLIK 800G-Ⅲを分解して新しくアルミパイプをくっつけて三脚を作りました()

・スペック

脚径:19mm

全高:43cm(EV込み)

最低高:22cm

格納高:28cm

自重:590g

 

カメラバッグに収納できるサイズの三脚が欲しかったので自作しました。500mlペットボトルより少し大きいくらいのサイズ感です。材料費は確か2500円程度だった気が。耐荷重も3kgくらいはあるんじゃないですか?知りませんが。

 

・まとめ

カーボンGITZO欲しい。

レンズ紹介 EF 28-70mm F2.8L USM

f:id:jnr583-n1:20190207181218j:plain

・基本スペック

詳しくはメーカーHPを。

掲載されていないものでは

フードつき全長:190mm(実測値)

フードつき重量:890g(実測値)

・特徴

このレンズを語るうえで必ずあげられるのが、有鉛クリスタルレンズを使用していることです。現在ではRoHS指令の影響によりEU圏内でも販売できるよう鉛レンズは製造されていないので、コレクションとしても希少なレンズの一つだと思います。ちなみに鉛レンズは屈折率が高いことが主な特徴で、普通のレンズに比べると画質面でわずかながら有利らしいです。

あと、このレンズはズーム機構が特徴的であり、28mm側のほうでレンズが伸び、70mmが最も短くなります。ちなみに伸縮はフードの中で行われるので、フードをつけているとインナーズームのように見えます。

・作例

 軽く画質チェックしてみました。上が本レンズ、比較対象はCarl Zeissの50mmF1.4です。f:id:jnr583-n1:20190423182927p:plain

続いて28-70mmにはデジタルレンズオプティマイザをかけました。

f:id:jnr583-n1:20190423183013p:plain

このような媒体だと違いが分かりにくいですね…。ただ、等倍で見る程度ではあまり差が分からない気がします。

 

f:id:jnr583-n1:20190421235413j:plain

まずは適当に鉄道を。ボディはEOS-1D MarkⅣ、F5.6です。圧縮されていて十分に画質伝わらないのが残念ですが、運転席に置かれた花束のメッセージまで解像しているのはさすがとしか言い表せないです。

f:id:jnr583-n1:20190421235917j:plain

続いて遠景。こちらもEOS-1D MarkⅣでF5.6です。青の色乗り、大好きです。f:id:jnr583-n1:20190423190417j:plain

絞り開放での撮影です。鉄板の牛の目にピントあります。開放から十分使える画質だと思います。

f:id:jnr583-n1:20190423190758j:plain

F5.6です。円形絞りではないですね。

f:id:jnr583-n1:20190423192726j:plain

逆光耐性?知らない子ですね。

・総評

古いレンズですが、やはりLレンズです。鉛レンズも助けてか、色乗りがとてもいいです。そしてその重量880g、フード付きでの全長190mmと、現行の24-70mmF2.8を超える圧倒的な存在感は時に厄介者ですが、それでも持ち出したくなるような魔性のレンズだと思っていますw

現在の高性能レンズとは一線を画すような一本ですが、何故か持っていたい。これで撮りたい。と思わせてくれます。

2019.3.25 日頃のフラストレーションを晴らします

 f:id:jnr583-n1:20190327133048j:plain

EOS-1D MarkⅣ+EF 28-70mm F2.8L USM

この運行が平成最後ということで、ムーンライトながらを記念に撮影。この列車は去就が注目され続けていますが、個人的にはもう少し見ていたいと思います。

 

f:id:jnr583-n1:20190327135123j:plain

5032M 「サンライズ出雲・瀬戸」 藤沢~辻堂

EOS 7D MarkⅡ+SIGMA 100-300mm F4 APO EX DG HSM(換算360mm)

初めての鵠沼第二踏切。通過5分前に太陽が顔を出し、サンライズを照らしてくれました。

f:id:jnr583-n1:20190327142747j:plain

66レ EF66-27 同上

EOS 7D MarkⅡ+SIGMA 100-300mm F4 APO EX DG HSM(換算310mm)

サンライズ通過直後のサプライズ。突然の通過で構図終わってますが久々のエロ光ニーナで軽く感動しました。

 

f:id:jnr583-n1:20190327145641j:plain

江ノ電21-61号車 腰越~江ノ島

EOS-1D MarkⅣ+SIGMA 100-300mm F4 APO EX DG HSM(換算390mm)

鉄道という存在が人口に膾炙している姿を撮影したくて江ノ電に足を運んでみました。ちょうど車が連なっていて生活感に溶け込んだイメージ通りの写真が撮れてよかったです。

 

実は僕の今回の本題はここから、小海線で雪山バックを撮ることです。ということでここからさらに3時間かけて小淵沢へ。通算二度目のΩカーブへと向かいました。

f:id:jnr583-n1:20190327155658j:plain

230D キハE200形 小淵沢甲斐小泉

EOS-1D MarkⅣ+SIGMA 100-300mm F4 APO EX DG HSM(換算220mm)

どうせなら画面いっぱいに雪山を取り込もうと足掻きました。ヌル晴れでも十分画になります。

f:id:jnr583-n1:20190328134201j:plain

EOS 7D MarkⅡ+EF 28-70mm F2.8L USM(換算95mm)

サブは広角で。雄大さはこちらのほうが伝わってくるかも…?

 

f:id:jnr583-n1:20190328134722j:plain

EOS-1D MarkⅣ+Carl Zeiss planar T*1.4/50 ZE(換算65mm)

折り返しはカーブの反対側へ転戦。見事に曇りました()ここは早朝にリベンジですね。

 

f:id:jnr583-n1:20190328135104j:plain

帰りは信玄餅アイス食べる。賛否分かれる味だそうですがすごい美味しかったです。

 

 

これからは受験勉強に勤しむため、高校生としての遠征はこれが最後です。このブログもだんだん更新頻度落ちていきます故何卒…

2019.2.17 静岡へ

静岡市街に用事があったのでついでに色々撮ってきました。

f:id:jnr583-n1:20190218182122j:plain

こだま636号 700系B11編成 掛川~静岡

EOS 7D MarkⅡ+SIGMA 100-300mm F4 APO EX DG HSM(換算480mm)

かねてから行ってみたかった用宗トンネルへ。久々に新幹線の編成写真撮りましたがシャッターのタイミングがシビアですね。順光で700系を撮れるスジはもうわずかなので貴重な一回を無駄にしなくてよかったです()

 

f:id:jnr583-n1:20190221201046j:plain

静岡駅の隠れた名物、チーズそばを食べるなどした。美味しかったです。

 

 午後からは静鉄へ。1005編成追いました。

f:id:jnr583-n1:20190221202038j:plain

f:id:jnr583-n1:20190303105416j:plain

長沼車庫にて

 

f:id:jnr583-n1:20190303111953j:plain

EOS-1D MarkⅣ+EF 28-70mm F2.8L USM

 

f:id:jnr583-n1:20190303114933j:plain

f:id:jnr583-n1:20190303115101j:plain

EOS 7D MarkⅡ+SIGMA 100-300mm F4 APO EX DG HSM

レンズ紹介 Carl Zeiss planar T* 1.4/50

怠慢な写真生活にほんの少しのスパイスを。

f:id:jnr583-n1:20190209234358j:plain

・基本スペック

詳しくは公式HPを。

”かの”Zeissレンズです。金属のひんやりとした質感、絶妙な重さのフォーカスリング、どこを取っても最高です。

・実写

まずは画質面から。

F1.4

f:id:jnr583-n1:20190209235906j:plain

 

F2.8

f:id:jnr583-n1:20190210000428j:plain

 

​F5.6

f:id:jnr583-n1:20190210000727j:plain

以下実写です。

f:id:jnr583-n1:20190213221206j:plain

F1.4です。限りなく薄いピント面の中に夢が詰まっている…と思いませんか??

 

f:id:jnr583-n1:20190213221308j:plain

F2.8まで絞れば現実に戻ってきます。2000万画素では到底足りません()

 

f:id:jnr583-n1:20190211142759j:plain

 絞り込めば遠景でも十分な描写です。やっぱり高画素機が欲しくなりますね…()

 

f:id:jnr583-n1:20190213221926j:plain

太陽が画面内に入る構図です。光条は綺麗に出て、フレアはしっかりと抑えられています。Zeiss T*コーティングの恩恵なのでしょうか?

 

・総評

このレンズの魅力は画質だけでない「二面性」、そして道具としての「美しさ」ではないでしょうか。画質至上、カメラの自動化が当たり前な今の時代だからこそ、Zeissはその真価を発揮できるのだと。開放の甘美な描写と絞ったときのキレ。生半可な者を拒むかのような精緻なフォーカシング。一生を費やして己がレンズに育てられるかのような一本です。そしてここがZeiss沼への入り口。もう戻れません。

 

 

 

 

2019.2.3 冬の伊豆が美しい

幾分と情報に流されやすいので、引退が発表された100系を撮影しに伊豆急へ行ってきました。

f:id:jnr583-n1:20190204204731j:plain

リゾート21 伊豆稲取今井浜海岸

EOS-1D MarkⅣ+EF 28-70mm F2.8L USM

f:id:jnr583-n1:20190204205155j:plain

100系103号車 同上

EOS 7D MarkⅡ+EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM

冬は海の青がよく映えますね。

 

f:id:jnr583-n1:20190204205717j:plain

同上 片瀬白田伊豆稲取

EOS-1D MarkⅣ+EF 28-70mm F2.8L USM

ここも美しいオーシャンビューです。車窓からもきっと綺麗なんでしょうね・・・。

 

f:id:jnr583-n1:20190204212722j:plain

伊豆箱根鉄道へ転戦。適当に団体列車を撮影しました。

 

f:id:jnr583-n1:20190204213738j:plain

〆はさわやかで。静岡県民なのにそれほど行かないんですよね・・・。やっぱり今日も美味しかったです。